仏の森林で車内に複数遺体、生存の少女と女児保護 英国人一家か

(CNN) フランス東部の観光地アヌシー湖畔で5日、女性2人と男性1人の遺体が車の中で、自転車に乗った男性1人の遺体が車の近くで発見され、車は英国人男性のものとみられることがわかった事件を受け、キャメロン英首相は訪英中のオランド仏大統領と会談。両首脳は事件の解明に向けて緊密に協力していくとの姿勢を明らかにした。

仏検察当局によれば、運転していた男性と年長の女性は頭を撃たれており、明らかな殺意があったと見られる。若い方の女性については、死因は明らかになっていない。

また、7~8歳とみられる少女と4歳とみられる女児が生存した状態で発見されている。少女は重傷で、激しく殴打されたことによる頭蓋骨骨折と、肩には銃創があるという。女児は無傷で車中にいるところを保護された。

車はBMWで、イラク出身で英国に帰化した男性のものと判明。近くのキャンプ場ではこの男性のイラクのパスポートを提示してチェックインした宿泊客がいたことが確認されているが、これが被害者のものかどうかは分かっていない。また、年長の女性のものと思われるスウェーデンのパスポートも車内で見つかった。

英仏両国の報道によれば、被害者はイラク出身の技術者サード・アルヒリさんとその家族。近所に住む男性によればアルヒリさんはかなり以前から英国に住み、妻は歯科医だったという。

発見したのは自転車で通りがかった別の英国人旅行者。車はエンジンがかかったままで、重傷を負った女児は車に近づこうとして意識を失ったという。急いで救急車を呼んだ男性は、そこでしばらく前に自分の自転車を追い抜いていったフランス人男性が駐車場の片隅で死んでいるのに気づいたという。報道によれば、このフランス人男性は地元で20年暮らすシルバン・モリエールさん。育児休業中だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]