米国防総省、戦争の継続期間は「把握不可能」もウクライナは「勝てる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首都近郊の町ボロディアンカの街路で警護に立つウクライナ軍の兵士/Genya Savilov/AFP/Getty Images

首都近郊の町ボロディアンカの街路で警護に立つウクライナ軍の兵士/Genya Savilov/AFP/Getty Images

(CNN) 米国防総省は7日までに、ウクライナでの戦争について、どのくらいの期間継続するのか把握するのは「不可能」だとの認識を示した。外交を通じた終結に至らないのであれば、との条件付きで述べた。

一方で、ウクライナは「当然ながら」戦争に勝利できるとも指摘した。

国防総省のカービー報道官は「(ロシアのプーチン大統領が)より狭い地理的領域に集中しようとしている事実がはっきり示すように、暴力は今後も継続する可能性がある」「当該の領域ではそれが激化する恐れさえある」と述べた。

そのうえで、ウクライナは「必ず」この戦争に勝利できるとの見方を改めて表明。プーチン氏が戦略上の目的を達成できていない点にそれが表れているとした。

「マリウポリは未だ奪われていない。軍はキーウ(キエフ)から移動した。チェルニヒウからもだ。ハルキウも、南部のミコライウも奪えていない」「日々目にする戦況が文字通り証明していると思う」(カービー氏)

また国防当局者の1人は、米国がかねて提供を表明していた通り、自爆ドローンなどとも呼ばれるスイッチブレードドローン100基をウクライナ軍に送付したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]