米ハワイ州で「壊滅的な洪水」の恐れ、土砂崩れや道路の封鎖も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハワイ諸島上空を覆う雨雲の様子を示した衛星画像/CNN Weather

ハワイ諸島上空を覆う雨雲の様子を示した衛星画像/CNN Weather

(CNN) 米ハワイ州の各島が現地時間の7日にかけ、暴風雨による「壊滅的な洪水」に見舞われる恐れがあるとして、米国立気象局(NWS)ホノルル支部が警戒を呼びかけた。

同支部によると、マウイ島のクラでは過去24時間で約300ミリを超す雨量を観測した。

暴風雨による総雨量は約250~380ミリに達すると予想され、所によっては500~630ミリを超す可能性もある。

ハワイ島の過去24時間の雨量は所によって200ミリを超えているが、6日朝までに雨は収まりつつある。

しかし6日はマウイ、オアフ、カウアイの各島で1日中大雨が続く見通しで、モロカイ、マウイの両島には鉄砲水警報が発令された。所によっては1時間に約50~76ミリの集中豪雨に見舞われ、それまでの大雨による洪水がさらに悪化する恐れがある。マウイ島では過去6時間の雨量が150ミリを超えた場所もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]