「爆弾低気圧」で猛烈な暴風被害、50万軒以上が停電 米北東部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぎ倒された木=27日、米マサチューセッツ州モールデン/Malden Police Department

なぎ倒された木=27日、米マサチューセッツ州モールデン/Malden Police Department

(CNN) 米北東部が発達した「爆弾低気圧」に直撃され、ハリケーン並みの暴風によって倒木や送電線寸断などの被害が相次いだ。マサチューセッツ州やロードアイランド州では50万軒以上が停電に見舞われている。

爆弾低気圧の影響で、26日には一部地域で洪水が発生。沿岸部は27日午前にかけて猛烈な暴風に見舞われた。

停電情報サイトによれば、27日午前の時点でマサチューセッツ州を中心に60万軒以上が停電していたが、同日午後5時ごろまでに状況は改善されている。

座礁したボート=17日、米マサチューセッツ州コハセット/Cohasett (Massachusetts) Police Department
座礁したボート=17日、米マサチューセッツ州コハセット/Cohasett (Massachusetts) Police Department

ボストン地域では大量の樹木が倒壊した。CNN提携局WBZによると、ボストン南部のミルトンでは倒れた木が住宅の屋根を直撃。屋根の下の寝室では3歳児が寝ていたが、けが人はなかった。

マサチューセッツ州サウスショア地区でも暴風による被害が出ている。ボート数隻が岸まで吹き飛ばされ、樹木が根本から倒れ、バラック小屋が学校の運動場に吹き飛ばされてバラバラになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]