モール銃乱射の容疑者、病院で死亡 警官との銃撃戦で負傷 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米アイダホ州のショッピングモールで発生した銃乱射事件の容疑者が病院で死亡した/Rebecca Boone/AP

米アイダホ州のショッピングモールで発生した銃乱射事件の容疑者が病院で死亡した/Rebecca Boone/AP

(CNN) 米アイダホ州ボイシのショッピングモールで起きた銃乱射事件で、容疑者の男が26日、搬送先の病院で死亡した。

ボイシ警察の発表によると、男は警官との銃撃戦で負傷していた。身元はジェイコブ・バーグクエスト容疑者(27)と特定された。

事件は25日に発生し、49歳と26歳の男性が撃たれて死亡した。

店内にいた52歳と23歳の女性、車に乗っていた68歳の女性が銃撃を受けて負傷したが、いずれも命に別条はない。

また警官1人が容疑者との銃撃戦で負傷し、手当てを受けて帰宅した。

警察には午後1時30分、「黒い服を着た白人の男」が発砲したと通報があった。初期捜査によると、容疑者はモールの1階で警備員を銃撃し、建物の中でさらに発砲を続けた。警備員は現場で死亡が確認され、エスカレーターで撃たれた男性が病院で死亡した。

同1時53分に現場へ駆け付けた警官のうち、少なくとも1人が容疑者と撃ち合いになった。

容疑者は複数の銃を持っていたとみられる。モール内で発射後の薬きょうが18個見つかった。

26日にはボイシ市内の民家で家宅捜索令状が執行された。警察はうわさ話やSNSの投稿などを調べ、容疑者の単独犯で、さらなる攻撃が計画されている恐れはないと結論付けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]