任務中の法執行機関要員への襲撃、昨年は7.2%増 米FBI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年に職務遂行中に襲われる被害を受けた法執行機関要員は6万人以上だった/Jane Tyska/The Mercury News/Getty Images

2020年に職務遂行中に襲われる被害を受けた法執行機関要員は6万人以上だった/Jane Tyska/The Mercury News/Getty Images

(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は24日までに、職務遂行中に襲われる被害を受けた法執行機関要員は昨年、6万人以上に達し前年比で7.2%増を記録したとの報告書を公表した。

このうち約3割がけがを負っていた。襲撃件数の約3分の1は警官が家庭内のもめ事やバーでのけんかなどを収束させるために出動した際に発生。逮捕を試みた時が16.1%、受刑者の輸送や拘束の維持に当たっている時が12.6%だった。

FBIは今年5月、別の報告書で勤務中に殺害された警官は昨年、93人だったとも明かしていた。うち重犯罪に絡む犠牲者数は46人。2019年を見た場合、重犯罪捜査に関連しての死者は48人で、事故の事例では41人だった。

新型コロナウイルスの感染による死亡者は含まれていない。

ただ、任務の従事で死亡した警官らの動向を調べている米非営利機関ODMPによると、警官の死因は過去2年間、新型コロナへの感染が最大の割合を示している。同機関の公式サイトによると、昨年の犠牲者は245人で、今年はこれまで233人が死亡したという。

FBIの今回の報告書は計9895の法執行機関から報告されたデータに基づく。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]