米軍、アルカイダ幹部を殺害 シリア北西部で空爆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米中央軍がシリア北西部で空爆を行い、アルカイダの幹部を殺害した/US Central Command

米中央軍がシリア北西部で空爆を行い、アルカイダの幹部を殺害した/US Central Command

(CNN) 米軍は22日、シリア北西部で空爆を実施し、国際テロ組織アルカイダのアブドル・ハミド・アルマタル幹部を殺害した。米中央軍が明らかにした。

中央軍によると、この攻撃で民間人に犠牲者が出たとの情報はない。

中央軍のリグスビー報道官は声明で、この幹部の排除について「米国民やパートナー国、罪のない市民を脅かすさらなる世界規模の攻撃を企図・実行するアルカイダの能力をそぐことになるだろう」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]