米東部の豪雨で洪水発生、46人死亡 「アイダ」の影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク市ブルックリン区の冠水した幹線道路を走る自動車。ハリケーン「アイダ」から変わった低気圧が一帯を襲った=2日/Ed Jones/AFP/Getty Images
写真特集:米東部を洪水襲う 道路は冠水、地下鉄駅に水

ニューヨーク市ブルックリン区の冠水した幹線道路を走る自動車。ハリケーン「アイダ」から変わった低気圧が一帯を襲った=2日/Ed Jones/AFP/Getty Images

(CNN) 米東部はハリケーン「アイダ」から勢力を弱めた低気圧の影響で記録的な豪雨に見舞われ、2日までに46人が死亡した。ニュージャージー州のマーフィー知事は同日夕、同州で少なくとも23人が死亡したと述べた。

マーフィー氏によると、死者の半数超は車中で洪水に遭った人だという。複数の当局者は、多数が安否不明となっていると明らかにした。

死者はコネティカット、メリーランド、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルベニア、バージニアの東部6州で発生している。

  
      
地下鉄の駅に水、竜巻も発生 米東部で豪雨

コネティカット州では、行方不明の通報に対応した州警察の1人が水に押し流され死亡した。

運転手が車を捨てて冠水した道路から避難する例が相次いだほか、ニュージャージー州南部では竜巻で住宅が倒壊し、片付け作業に追われている。

ペンシルベニア州フィラデルフィア一帯では一部の通りが冠水。鉄道やバスの運行に遅れが発生したほか、複数の市の建物が閉鎖された。市民には在宅勤務が呼び掛けられている。

ニューヨーク州ママロネックで住民を救助/Mike Segar/Reuters
ニューヨーク州ママロネックで住民を救助/Mike Segar/Reuters

フィラデルフィアやその周辺、デラウェア州北部、ニューヨーク州の一部では2日午前、救助隊がボートで冠水した道路を移動し、浸水した家から人々を救助した。

ペンシルベニア州の緊急事態管理当局トップによると、同州だけで数千件の避難活動が行われたとみられる。

バイデン大統領は「多くの被害が出ている。各州の知事に対し、連邦緊急事態管理局(FEMA)のチームが現場入りしており、必要な全ての支援を提供する準備ができていると明確に伝えた」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]