アフガン崩壊、「我々の想定より早く進んだ」 バイデン氏が認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイデン氏、米軍のアフガン撤退決断に「後悔はない」

(CNN) バイデン米大統領は16日、アフガニスタン情勢について演説し、アフガン政権の崩壊と反政府勢力タリバーンによる支配奪還が米政権の想定より早く進んだことを認めた。20年に及ぶアフガン戦争を終わらせる決断は正しかったとも主張した。

バイデン氏は米軍の戦闘任務を終了させる決断を撤回せず、米国の任務が国家建設にあると考えられたことは一度もないと主張。崩壊の原因はアフガン政府にあるとの認識を示した。

バイデン氏はホワイトハウスでの演説で、「私は自分の決定を断固堅持する。20年の時を経て、私は米軍撤退の好機などないことを身をもって知った。だからこそ我々はいまだにアフガンにいる」と説明。政権はリスクについてはっきりと認識し、あらゆる不測の事態に備えていたとする一方、「事態は我々の想定よりも早く進んだ」と認めた。

バイデン氏はまた、アフガンにおける米国の国益は常に「米本土へのテロ攻撃を阻止」することにあったと述べ、その任務はすでに達成したとした。

米軍撤退の決断をめぐる批判は受け入れるとしつつも、現在の危機に至った要因は他の人間にあるとして、アフガン軍がタリバーンの急攻勢に立ち向かわなかったことに言及した。

さらに、アフガンの有力指導者にも矛先を向け、「それで何が起きたのか」と問いかけた上で、「アフガンの政治指導者は諦めて国から逃げ出した」と指摘した。

バイデン氏によると、アフガンのガニ大統領や、今夏の和平交渉で責任者を務めたアブドラ前行政長官とは「率直な会話」を持ったものの、両氏とも米国の提案を受け入れなかったという。「ガニ氏はアフガン軍は戦うと主張していた。彼は明らかに誤っていた」(バイデン氏)

バイデン政権の国家安全保障チーム高官も16日朝のテレビ出演で、アフガン政権崩壊の責任を同国軍に転嫁しようと試み、アフガン軍にはタリバーンから国を守る意思が欠けていたと指摘した。

一方で高官らは、最後のカブールを含め都市陥落のスピードが予想外だったことを再び認めた。

サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はNBCテレビの番組で、「都市陥落のスピードが誰も予想しないほど早かったのは事実だ」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]