米首都警察の警官2人が自殺、議会襲撃現場に出動 警官の自殺4人に

ガンサー・ハシダさんは2003年に首都警察に加わり、連邦議会議事堂の暴動現場に出動していた/From Mountcastle Turch Funeral Home

ガンサー・ハシダさんは2003年に首都警察に加わり、連邦議会議事堂の暴動現場に出動していた/From Mountcastle Turch Funeral Home

(CNN) 米首都ワシントンの連邦議会議事堂で今年1月に起きた暴動事件で、現場に出動して対応にあたった首都警察の警官2人が自殺したことがわかった。暴動の現場に出動した警官の自殺はこれで4人となった。

首都警察の広報によると、特殊捜査部門の緊急対応班に所属していた警官のガンサー・ハシダさんは、7月29日に自宅で死亡しているのが見つかった。ハシダさんは2003年に首都警察に加わり、今年1月6日、連邦議会議事堂の暴動現場に出動した。

首都警察の広報によると、カイル・デフライタークさんは、7月10日に死亡しているのが見つかった。デフライタークさんは16年11月に警察に加わっていた。

この現場で対応にあたった警官の自殺が判明したのはこれで4人目。首都警察では3人目だった。

首都警察で勤続12年のベテラン警官だったジェフリー・スミスさんと、議会警察勤続16年のベテラン警官だったハワード・リーベングッドさんも、暴動の現場に駆け付け、後に自殺していた。

議会警察の警官だったブライアン・シックニックさんは、脳卒中を起こして事件の翌日に死亡した。

司法省はこの事件に関連して550人以上を摘発。下院委員会でも調査が行われている。

先月開かれた委員会の公聴会で証言した議会警察の警官ハリー・ダンさんは、議事堂を守った警官に対し、「1月6日の出来事以来、さいなまれ続けている感情について同僚の警官に呼びかけたい。専門家のカウンセリングを受けることに何の問題もない」「あの日の出来事は衝撃的だった。もしあなたが傷ついているのなら、どうかカウンセリングを利用してほしい」と訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]