バイデン政権、他国に送るワクチン2500万回分の配布先を発表

バイデン米政権が新型コロナワクチン2500万回分の他国への配布先を発表した/Spencer Platt/Getty Images

バイデン米政権が新型コロナワクチン2500万回分の他国への配布先を発表した/Spencer Platt/Getty Images

(CNN) バイデン米政権は3日、世界各国・地域に配布を開始する新型コロナウイルス感染症ワクチンの最初の配布分2500万回分に関する供給計画や、計画全体の8000万回分以上の配布枠組みを発表した。

ホワイトハウスによると、他国に寄贈する8000万回分のワクチンのうち、75%をワクチン分配の国際的な枠組み「​COVAX(コバックス)」を通じて、残りの25%を必要としている国に直接配布する。

最初の2500万回分については、1900万回分近くがCOVAX経由となる。

最初のワクチンの配布先は約600万回分が中南米諸国で、具体的にはブラジル、アルゼンチン、コロンビア、コスタリカ、ペルー、エクアドル、パラグアイ、ボリビア、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、パナマ、ハイチ、その他のカリブ共同体の諸国、ドミニカ共和国に送る。

約700万回分はアジアで、インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、アフガニスタン、モルディブ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイ、ラオス、パプアニューギニア、台湾と太平洋諸国に送る。

約500万回分はアフリカで、アフリカ連合(AU)と調整の上配布先の国を決定する。

残りの約600万回分はメキシコ、カナダ、韓国、ヨルダン川西岸とパレスチナ自治区ガザ地区、ウクライナ、コソボ、ハイチ、ジョージア、エジプト、ヨルダン、イラク、イエメンに送り、国連の前線職員も対象となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]