バイデン氏が初の施政方針演説、5つのポイント

マダム・スピーカー(議長閣下)、マダム・バイス・プレジデント(副大統領閣下)と呼びかけるバイデン氏/POOL

マダム・スピーカー(議長閣下)、マダム・バイス・プレジデント(副大統領閣下)と呼びかけるバイデン氏/POOL

象徴的な出来事

大統領の施政方針演説は1年間で最も見られるテレビ演説だが、今回は象徴的な出来事が目に見える形で印象に残った。

新型コロナの影響で議場の様子が大きく変わったほか、副大統領と下院議長の席に座ったのが2人とも女性だった点は歴史的だった。

バイデン氏は演説の冒頭、「マダム・スピーカー(議長閣下)。マダム・バイスプレジデント(副大統領閣下)。今までだれもこうした言葉をこの演壇から発することはなかった。今がそのときだ」と語った。

また演説の場となった下院議場は、今年1月6日の暴徒乱入事件を思い起こさせた。

バイデン氏は「我々は今日ここに集まっているが、議事堂を襲った暴徒の映像がまだ鮮明に心の中に残っている。生命が危機にさらされ、失われた」「反乱は我々の民主主義が生き残れるかの試練であり、存在をかけた危機だった。そして民主主義は生き残った」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]