バイデン氏、ワクチン完了後の新指針を発表へ 屋外でのマスク義務解除か

バイデン米大統領が27日にワクチン完了後の新指針を発表する/Al Drago/Pool/Getty Images

バイデン米大統領が27日にワクチン完了後の新指針を発表する/Al Drago/Pool/Getty Images

(CNN) バイデン米大統領は27日、新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませた人に対し屋外でのマスク着用義務を解除するかどうかなどについて、米疾病対策センター(CDC)の新たな指針を発表するとの見通しが明らかになった。事情に詳しい関係者3人が語った。

バイデン氏は就任100日後を目前にした28日、連邦議会の上下両院合同会議で初の演説に臨む。これに先立ち27日には、新型ウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)について現状を報告する。同関係者らによると、その場でCDCが改定した指針を発表する予定だが、最終的な文言は確定していない。

ファウチ大統領首席医療顧問も25日、CNNとのインタビューで、CDCがワクチン接種後の行動などをめぐり指針を改定すると予告した。

ある連邦当局者はCNNに、バイデン政権が27日にも、ワクチン接種後は屋外でマスクを外せるとの項目を含め、複数の新たな提言を出すとの見通しを示した。

CDCは現行の指針で、ワクチン接種を完了した後も、未接種の人を含む複数世帯の集まりや、重症化リスクの高い未接種者またはその同居家族らとの面会ではマスクを着用し、互いに1.8メートルの距離を置くよう提言している。

バイデン氏は今年1月の就任初日、国民に100日間のマスク着用を呼び掛けるとともに、連邦機関での着用を義務付ける大統領令に署名していた。

米感染症学会の学術誌で昨年11月に発表された論文では、ウイルス感染が室内で起きる確率は屋外の18.7倍に上り、新型ウイルスが屋外で感染したとの報告例は全体の1割にも満たないとされた。それでも一部の州では現在、屋外でのマスク着用が義務化されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]