キリスト教福音派に広がる反ワクチンの風潮、不信感と誤情報が原因と専門家

「反ワクチン」説く米教会、CNNが取材

(CNN) トニー・スペル牧師は先週の日曜日に行った説教で、いつもとは異なる種類のメッセージを会衆に向かって発した。新型コロナワクチンを信じてはならない、というのがその内容だ。

「今日はっきり言っておく。もしマスクに反対し、ワクチンに反対するのが政府への反対を意味するというなら、私は喜んで反政府になる」と、スペル氏は教会に集まった会衆に語った。同氏はルイジアナ州バトンルージュでの新型コロナ感染防止の規制に抗議したことで、全国的に有名になった。

上記の言葉に続けて同氏は、誤った認識に基づきながら「99.6%の確率で生存できるなら、なぜ他人が自分の血を汚すのを望むのか? 体に害があるかもしれないのに」と、問いかけた。

米国をはじめ各国の保健衛生の専門家は、新型コロナワクチンが引き続き安全で、感染予防に効果があるとの一致した見解を示している。米国での新型コロナ関連の死者は56万人以上、感染者は3100万人を超える。

全米福音派協会が今年1月に実施した調査によると、回答した同宗派の指導者の95%はワクチン接種を受け入れると述べた。しかし、スペル氏は断固としてこれに反対する。同氏を含むキリスト教福音派の相当数は、ワクチン接種に反対の立場を取る。

先月公表されたカイザー・ファミリー財団の調査では、福音派を自認する白人の成人のうち28%が絶対にワクチンを接種しないと回答。6%は接種が義務付けられない限り打たない、15%は様子を見ると答えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]