教室に持ち込んだ装置が誤って爆発、生徒5人負傷 米高校

(CNN) 米ミシガン州の高校で8日朝、生徒の1人が持ち込んだ手製の爆発装置が誤って爆発し、本人とクラスメート4人が負傷した。地元警察が明らかにした。

警察は同日午前8時52分ごろ、教室内で爆発が起きたという通報を受け、州中西部にあるニウェーゴ高校に駆け付けた。州警察のツイッターへの投稿によると、初期段階の捜査で、16歳の生徒が手製の爆発装置を学校へ持ち込み、誤って爆発させたことが確認されたという。

爆発により生徒本人と近くの席にいたクラスメート4人が負傷。学校側は緊急通報し、生徒らを直ちに避難させた。救急隊員が到着した時点で、生徒たちはバスの車庫に移動していた。

ニウェーゴ郡内にあるすべての学校は、郡の緊急措置規定に従い一時封鎖された。封鎖は当局が生徒らへの危険がなくなったと判断した後で解除された。

州警察の広報担当者はCNNの取材に対し、初期捜査の結果、少年に悪意はなかったとし、装置を爆発させるつもりではなかったようだと述べた。

病院搬送された少年の負傷は中度から重度。クラスメート4人は軽傷だという。教室内にいた教師も病院で診察を受けた。

爆発には煙が伴っており、どのような種類の物質が装置に使用されていたのかについて引き続き捜査が行われている。爆発した当時の状況についても調べが進んでいる。米連邦捜査局(FBI)やアルコール・たばこ・火器爆発物取締局(ATF)の要員も現場に入り、捜査を支援しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]