動物園のゴリラ2頭が新型コロナ感染、大型類人猿で初の確認 米加州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米カリフォルニア州の動物園で、ゴリラ少なくとも2頭のコロナ感染が確認された/From Ken Bohn/San Diego Zoo

米カリフォルニア州の動物園で、ゴリラ少なくとも2頭のコロナ感染が確認された/From Ken Bohn/San Diego Zoo

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大が続く米カリフォルニア州で、サンディエゴ動物園のゴリラ少なくとも2頭の感染が確認された。同州のニューサム知事が11日に発表した。動物園によると、大型類人猿の感染が確認されたのは初めて。

発表によると、現時点で動物3頭に新型コロナの症状が出ており、無症状の職員1人から感染した疑いがあると見られている。

動物園によれば、大型類人猿のコロナウイルス感染が確認されたのは初めてだが、人間以外の霊長類が感染する可能性は以前から指摘されていた。ゴリラは家族で生活することから、一家全員に感染の可能性があると推定される。

同動物園のゴリラは6日から2頭に咳(せき)の症状が表れた。このグループの予備検査を行った結果、8日に新型コロナウイルスが見つかり、米農務省が11日に陽性を確認した。

ゴリラは無症状の職員から感染した可能性が高いという/From Ken Bohn/San Diego Zoo
ゴリラは無症状の職員から感染した可能性が高いという/From Ken Bohn/San Diego Zoo

ゴリラたちが重症化するかどうかは不明だが、動物園で経過観察を続けており、現時点では咳などの症状がある以外は元気そうな様子だという。「感染が確認された集団は一緒に隔離されて食べたり飲んだりしている。完全回復を祈っている」と同動物園はコメントした。

サンディエゴ動物園は昨年12月上旬以来、休園している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]