コロナワクチン接種の職員に報奨金5万円余、米病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米テキサス州の病院が、コロナワクチンを投与して職員にボーナスを支給する/From Gov. Greg Abbott/Twitter

米テキサス州の病院が、コロナワクチンを投与して職員にボーナスを支給する/From Gov. Greg Abbott/Twitter

(CNN) 米テキサス州ヒューストンの病院は7日までに、職員が新型コロナウイルスのワクチン投与を受けた場合、500ドル(約5万1500円)を贈呈するとの報奨制度を発表した。

ヒューストン・メソジスト病院のマーク・ブーム社長兼最高経営責任者(CEO)が先週、職員向けの電子メールで明らかにした。試練に直面した2020年に立ち向かった職員の尽力に感謝するのが目的として、報奨金の支払いは3月に実施するとした。

500ドルの受給資格の条件のなかにはワクチン接種も含め、医療従事者として地域社会を導く責務を果たすことになるとも述べた。

同CEOによると、職員のワクチン接種は現在、義務化されていないが、最終的にはそうなるだろうとも語った。

ヒューストン・メソジストの職員は昨年11月にもコロナ禍での激務に報いるとして500ドルのボーナスを支給されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]