トランプ氏集会に参加の2人、新型コロナ陽性 米ノースカロライナ州

米ノースカロライナ州ガストニアで行われたトランプ氏の集会=21日/Nell Redmond/AP

米ノースカロライナ州ガストニアで行われたトランプ氏の集会=21日/Nell Redmond/AP

(CNN) 米ノースカロライナ州ガストン郡の保健当局は29日、同州で最近行われたトランプ大統領の集会に参加した2人が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたことを明らかにした。

保健当局は今回の感染例について、「現時点では集会から感染が拡大したことを示すものではないと見られている」と述べ、2人はそれぞれ個別に感染したとの見方を示した。集会は同郡の空港で今月21日に開催された。

トランプ氏は28日、同州シャーロットの郊外で集会を開き、新型コロナの流行は「峠を越しつつある」と主張。29日にも再び同州で集会を行う予定だったが、陣営によると、この集会は悪天候を理由に延期された。

保健当局者は声明で、21日の集会は参加者の数が多く、ウイルスにさらされた可能性がある人の追跡はできていないと説明。症状の有無を観察し、必要なら検査を受けるよう全参加者に求めた。

陽性反応を示した2人のうち1人は、地元テレビ局のために集会を取材していた記者だった。この記者はツイッターで陽性判定を受けたことを確認し、郡の指針に従って隔離生活を送っていることを明らかにした。

ノースカロライナ州のクーパー知事は28日、州内で新型コロナウイルスのまん延が続き、感染者や入院患者が増えつつあると説明。ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、同州ではこれまで27万人近くが感染し、4283人が死亡している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]