トランプ米大統領は「活動再開の基準満たす」 専属医が発表

主治医のコンリー医師はトランプ大統領が通常の活動を再開するための基準を満たしたとするメモを公表した/Alex Brandon/AP

主治医のコンリー医師はトランプ大統領が通常の活動を再開するための基準を満たしたとするメモを公表した/Alex Brandon/AP

ワシントン(CNN) トランプ米大統領専属のコンリー医師は10日夜、トランプ氏が新型コロナウイルス感染による隔離を解除され、通常の活動を再開するための基準を満たしたとするメモを公表した。

メモには、トランプ氏が米疾病対策センター(CDC)による隔離解除の基準を満たしたと書いてあるが、検査で陰性になったかどうかは明記されていない。CDCによれば、この点は基準に含まれない。

コンリー医師によると、10日午前のPCR検体で、現在認められている基準に照らし、他人にうつすリスクはないとの結果が示された。発症から10日間、解熱からは24時間のラインを大きく上回る時間が経過し、「高度な診断検査」でもウイルスの増殖が認められないという。

この診断検査について詳しい説明はなく、生きたウイルスの有無を調べる培養検査が実施されたのかどうかなども明らかでない。

トランプ氏は12日のフロリダ州を皮切りに、大統領選に向けた選挙集会を再開する予定。コンリー医師は、活動再開後も引き続き同氏の体調を監視すると述べた。

トランプ氏の感染が確認される前、最後に陰性反応を示した時期も不明のままだ。これが分かれば、同氏がいつからどの程度の感染力を持っていたのかを把握する手掛かりになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]