年内のワクチン接種に応じる有権者は21%、米世論調査

新型コロナのワクチンについて年内の接種に応じる人は21%とする調査結果が出た/CDC

新型コロナのワクチンについて年内の接種に応じる人は21%とする調査結果が出た/CDC

(CNN) 新型コロナウイルスのワクチン接種が米国で年内に可能となった場合、直ちに受けたいとする同国の有権者は全体のうちの21%に過ぎないことが新たな世論調査で10日までにわかった。

調査は米CBSテレビと調査企業ユーガブが共同実施した。今年7月の同様調査時の32%からは減少した。

今回の調査結果によると、65%は年内に発表されるであろうワクチンは「開発を急いだ産物」の受け止め方を表明。「科学的な成果」と前向きにとらえていたのは35%だった。

新型コロナのワクチンを巡ってはトランプ米大統領が今年11月3日の米大統領選投票日をにらんで、同日前の開発終了や接種が可能なことを示唆する発言を示した。

今月7日には、自らの政権による新型コロナへの対応策について、他国などと比べ「非常に高い得点を獲得し始めている」と主張。ただ、その根拠は示さなかった。「ワクチンは早く到着しつつある!」とも強調していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]