バー司法長官、トランプ氏のツイートを批判 「職務遂行不可能に」

米司法長官「職務全うできない」トランプ氏のツイッター批判

(CNN) バー米司法長官は13日、トランプ大統領のツイートで「私の職務遂行が不可能になっている」と述べ、トランプ氏による捜査への言及を批判した。一方で、トランプ氏の元側近、ロジャー・ストーン被告に対する求刑を軽減した司法省の対応は適切だったとの認識も示した。

検察は10日夜、ストーン被告に厳しい禁錮7~9年を求刑する方針を示した。これに驚いたバー氏はスタッフに翌朝書類を修正するよう指示したが、夜中にトランプ氏がツイッターで検察批判を展開したことで、求刑の軽減がまだ可能か再検討することを余儀なくされたという。

バー氏は米ABCニュースとのインタビューで、司法省の職員を強く擁護。トランプ氏のインターネットへの投稿に触れ、「私の立場を損なうコメントが常に背後から流れてくる状況では、司法省での自分の職務を遂行できない」と不満を述べた。

さらに「司法省や省内の職員、省内で進行中の案件、こうした案件を担当する判事について公的な発言やツイートをされれば、私は自分の職務を全うできなくなるし、裁判所や省内の検事に対しても健全な職務遂行を保証できなくなる」と批判した。

ストーン被告に対する検察の厳しい求刑を覆した判断をめぐり、バー氏には厳しい視線が注がれている。トランプ氏はこの判断に関してツイッターでバー氏を称賛、民主党から反発を招く結果となった。

当初の求刑を承認した検事4人は11日、この件の担当を降りた。抗議とみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]