アイオワ州の党員集会、集計混乱で結果発表が延期に

党員集会、集計混乱で結果発表を延期

(CNN) 今秋の米大統領選に向けた民主党候補者選びの初戦となるアイオワ州の党員集会が3日夜に開かれたが、開始後4時間以上たっても結果は判明せず、発表が4日以降に延期された。

各候補者の陣営は4日未明、結果発表が遅れるとの連絡を受けたものの、いつになるかという見通しは知らされなかった。

同州の民主党本部が新たに導入したシステムの不具合が原因とみられる。党本部の広報担当者によると、集計システムと並行して写真と記録票を使い、全ての結果を確認する態勢だったが、この3種類のデータに食い違いが見つかったという。

同担当者は、システムがダウンしたりハッキングされたりしたわけではないと強調。元のデータや記録票の数字に問題はなく、まとめに時間がかかっているだけだと説明した。

一方で複数の陣営スタッフはCNNに、集計システムが故障したとの知らせを受けたと語った。

集計結果が出ないのは異例の事態で、勝者への追い風効果が弱まったり、民主党の威信低下を招いたりする可能性もある。

有力候補の1人とされるバイデン前大統領は党本部への書簡で、システムの欠陥を批判した。

サンダース上院議員は、たとえ時間がかかっても「大変良い結果が出る予感がする」と自信を示し、「きょうはトランプ大統領の終わりが始まる日だ」と宣言した。

ブティジェッジ前サウスベンド市長はツイッターを通し、有権者にとって憂慮すべき事態だと指摘した。同氏はさらに、次のニューハンプシャー州予備選には勝者として乗り込むと演説したが、この時すでに米東海岸は深夜0時を回り、ほかの候補も一通り発言を終えていたことから、同氏の発言に大きな影響力は期待できそうにない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]