弾劾裁判の実質審理初日、裁判手順の決議案を採択

上院民主党トップのシューマー院内総務は決議案の内容を批判/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

上院民主党トップのシューマー院内総務は決議案の内容を批判/Mandel Ngan/AFP/Getty Images

各修正案をめぐって民主党と弁護団の間で激しい議論が交わされたが、採決ではいずれも共和党の反対により否決された。双方が感情的になり、裁判長を務めるロバーツ最高裁長官がいさめる場面もあった。

議場ではメモを取りながら熱心に聞く議員もいたが、議論が長引くにつれて椅子の背にもたれたり、私語を交わして笑い声を上げたり、メモをやり取りしたりする議員らの姿も目立った。

マコネル氏は決議案の手順について、1999年に行なわれたクリントン元大統領の弾劾裁判を踏襲すると表明してきた。当時の手順でも証人の採用は裁判の後半に決まり、冒頭陳述や質問が終わってから3人が宣誓証言した。

これに対して民主党側は、クリントン氏の裁判では証人がすでに大陪審で証言していたのに対し、マルバニー氏らは下院の弾劾調査で証言を拒否したと指摘して、条件の違いを強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]