93歳の男、集合住宅の従業員に発砲 水被害めぐり口論

米ネバダ州ラスベガスで、93歳の男が集合住宅の従業員に対して発砲した/Las Vegas Metropolitan Police Department

米ネバダ州ラスベガスで、93歳の男が集合住宅の従業員に対して発砲した/Las Vegas Metropolitan Police Department

(CNN) 米ネバダ州ラスベガスで、93歳の男が水の被害に怒って集合住宅の従業員に対して発砲する出来事があった。

当局によれば、ロバート・トーマス容疑者は殺人未遂や誘拐、建物内での発砲などの罪に問われている。

CNN系列局KVVUはトーマス容疑者の弁護士の話として、今回の事件は、年齢を考えると精神上の問題による可能性が高いと伝えた。

ラスベガス警察は1月2日、集合住宅のフロントデスクの女性から、高齢の男性が銃を持ちオフィス内で脅迫をしているとの通報を受けた。

監視カメラの映像には、トーマス容疑者がオフィス内で従業員2人と話しているさなかにコートから拳銃を取り出すようすが捉えられていた。ある時点で、容疑者はオフィス内で無作為に発砲した。

フロントデスクにいた女性の従業員はトーマス容疑者を説得して建物を離れた。男性従業員はいすに座ったまま容疑者と話を続けた。女性従業員が立ち去ってから約30秒後にトーマス容疑者が男性従業員に発砲した。男性従業員は床に崩れ落ちた。

その後、警官が現場に到着し、トーマス容疑者にオフィスの外に出て銃を捨てるよう指示した。警官はフロントドアのガラス越しに発砲していた。

警官がオフィスの中に入ると、トーマス容疑者は机の上に銃を置いた。容疑者は病院で傷の手当てを受けた後、警察に拘束された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]