弾劾反対の民主党下院議員、共和党にくら替えへ

民主党のジェフ・バンドリュー下院議員。共和党へのくら替えを行うとみられている

民主党のジェフ・バンドリュー下院議員。共和党へのくら替えを行うとみられている

(CNN) トランプ米大統領の弾劾(だんがい)手続きを主導する野党・民主党に所属しながら、弾劾に反対の立場を示してきた下院議員が、与党・共和党へくら替えする見通しとなった。情報筋が明らかにした。

この件を最初に報じた米紙ワシントン・ポストによると、ニュージャージー州選出のジェフ・バンドリュー議員は13日にホワイトハウスでトランプ氏と面会し、数日中に共和党へ移籍する見通しとなった。米紙ニューヨーク・タイムズも14日、バンドリュー氏が来週にも移籍を発表するとの可能性を報じた。

下院で10月末、弾劾調査の手続きを正式に定めた決議案が可決された際、民主党で造反した議員2人のうちの1人がバンドリュー氏だった。同氏は採決の後、「党派を超えた支持がなければ、弾劾調査は国家をさらに分断し、最終的には上院で却下されるだけだ」と主張した。

来週の下院本会議では、弾劾条項2件を含む決議案が採決にかけられる予定。バンドリュー氏は先週、新たな事実が判明しない限り、いかなる弾劾条項にも反対票を投じると表明した。

決議案は過半数の賛成で可決され、上院での弾劾裁判が始まる見通しだ。バンドリュー氏がくら替えしても、この結果に変わりはないとみられる。

ワシントン・ポストによると、バンドリュー氏は10日の時点で移籍の可能性をめぐり「私は何も変えず、自分の仕事をするだけ。今も民主党員だ」と述べていた。

バンドリュー氏はニュージャージー州の第2選挙区で昨年、在職24年の共和党現職を破って当選した。同選挙区では2008年と12年の大統領選でオバマ前大統領、16年大統領選でトランプ氏が勝利していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]