ノコギリエイの口先を電動のこで切断、男が罪状認める 米フロリダ州

フロリダキーズ近海を泳ぐノコギリエイ=2015年8月5日/Ronald C. Modra/Getty Images

フロリダキーズ近海を泳ぐノコギリエイ=2015年8月5日/Ronald C. Modra/Getty Images

(CNN) 絶滅危惧種に指定されているノコギリエイののこぎり状の口先を、電動のこぎりで切断して死なせたとして、米フロリダ州の男が起訴された。量刑は1年以下の禁錮と5万ドル(約540万円)以下の罰金を言い渡される可能性がある。

米フロリダ州中部地区連邦検察の発表によると、起訴されたチャド・ポンス被告は1日、ノコギリエイを殺した罪を認めた。

検察によると、同被告は昨年、ボートの上で電動のこぎりを使ってノコギリエイの1種、スモールトゥース・ソーフィッシュの口先を切り落としているところを目撃された。

スモールトゥース・ソーフィッシュはこの口先を使って獲物を感知し、攻撃する。口先を切り落とされれば生き延びることはできない。

米海洋大気局(NOAA)によると、ノコギリエイの個体数はこの数年の間に激減している。環境保護団体によれば、残された野生のノコギリエイの成体は推定5000匹とも500匹ともいわれる。

スモールトゥース・ソーフィッシュは沿岸部の浅瀬に生息し、米国ではフロリダ沖にのみ生息する。一般的には人に対して無害だが、脅かされればのこぎりで相手に重傷を負わせることもある。

米国では2003年に絶滅の恐れがある種に指定され、捕獲したり傷つけたり殺したりすることが禁止された。

ポンス被告の事件についてはNOAAとフロリダ州魚類野生生物保護委員会が捜査を担当した。量刑言い渡しの期日はまだ未定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]