「クルドを裏切った」 米軍内から怒りの声、トランプ政権のシリア政策巡り

トランプ政権のシリア政策をめぐり、米軍要員や国防当局者の一部から、いら立ちや憤りの声が出ている/Alex Wong/Getty Images

トランプ政権のシリア政策をめぐり、米軍要員や国防当局者の一部から、いら立ちや憤りの声が出ている/Alex Wong/Getty Images

ワシントン(CNN) トルコの攻撃に直面するシリアのクルド人勢力への支援にトランプ米政権が消極的なことについて、米軍要員や国防当局者の間でいら立ちと憤りの声が広がっている。軍と国防総省の当局者がCNNに明らかにした。

シリアに派遣中の要員も含め、多くの当局者がトランプ政権の対応への失望を口にした。

当局者の1人によると、米軍幹部の一部が過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」との戦いでのクルド人の貢献を念頭に、今回の扱いに憤慨していることは周知の事実だという。

別の国防当局高官はCNNに、トランプ氏が侵攻への反対姿勢を鮮明にせず、クルド人に対する攻撃を食い止める手を打たなかったのは、トルコの侵攻を黙認したことを意味すると指摘した。ただ、政権は公の立場としては、トルコの作戦に一貫して反対してきたと説明している。

国防総省高官はトルコの作戦に触れ、クルド人主体の部隊「シリア民主軍(SDF)」は「自民族の抹消を図る軍と戦っている。我々が作戦に青信号を出したためだ」と語った。

シリアでの作戦に関わる別の軍当局者は、ISISとの戦いで一時は同盟関係にあったSDFを守れなかったとして、自国の行動を「恥じている」と語った。

同盟国や潜在的パートナーが将来的に米国を信頼しない事態を懸念する声も上がっている。「今後我々のパートナーになる勢力が出てくるとは期待できない」。国防当局者の1人はそう語った。

トルコは先日、以前から示唆していたシリア侵攻に踏み切った。トランプ氏が50人規模の小規模な米軍部隊に国境地帯からの撤収を指示した後のことだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]