トランプ氏次男、レストランで唾浴びる 米シカゴ

シカゴのレストランで従業員に唾を吐かれたというエリック・トランプ氏/Jeff Vinnick/Getty Images North America/Getty Images

シカゴのレストランで従業員に唾を吐かれたというエリック・トランプ氏/Jeff Vinnick/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領の次男であるエリック・トランプ氏は27日までに、米シカゴ市内のレストランを最近利用した際、従業員に唾(つば)を吐かれる被害を受けたことを明らかにした。

保守系のニュースサイト「ブライトバート・ニュース」の電話取材で明かした。「自らの感情を抑制出来ない人物による全く不愉快な行動だった」と指摘。また、自らの被害に触れ、寛大さなどを説く民主党の責任にも言及した。

シカゴ市警の報道担当者によると、市警の警官が当時、店内でシークレットサービス(大統領警護隊)による法執行上の対応を支援した。CNNの問い合わせに対しシークレットサービスは、唾を浴びせた従業員の立件などについては明らかにしていない。

高級バーも兼ねる同店は声明で、この従業員を休職処分にしたと説明。唾吐きの場面を目撃しなかったとし、経緯の把握に努めているとした。明白なことは顧客に唾を浴びせてはいけないことだとも主張した。

エリック氏は兄と共に父親に代わって不動産業の経営に当たっている。トランプ氏系列のホテルを訪れるためシカゴに滞在していた。

エリック氏が今回のような父親の存在に根差すとみられる嫌がらせ行為に遭遇したのは初めて。

ただ、政権の閣僚級ではサンダース大統領報道官が昨年6月、バージニア州のレストランで退去を求められる事態に遭遇。ニールセン前国土安全保障長官もホワイトハウス近くのメキシコ料理店で夕食していた際、トランプ氏を嫌う活動家らにやじを飛ばされる被害を受けたことがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]