米大学発砲事件、死亡学生が容疑者にタックル 被害拡大防ぐ

容疑者に立ち向かい、自らの命と引き換えに被害の拡大を防いだライリー・ハウエルさん/Courtesy Morgan Howell Moylan

容疑者に立ち向かい、自らの命と引き換えに被害の拡大を防いだライリー・ハウエルさん/Courtesy Morgan Howell Moylan

(CNN) 米ノースカロライナ州シャーロットのノースカロライナ大学で起きた発砲事件で、警察などは2日までに、死亡した男子学生が容疑者にタックルして被害の拡大を防いでいたと明らかにした。

この学生はライリー・ハウエルさん(21)。おばによると、容疑者の男を取り押さえようとして至近距離から撃たれた。事件では他にも19歳の男子学生が死亡している。

男は先月30日に教室に押し入り、教養科目最終日の発表を聞いていた生徒約30人に向かって発砲した。

シャーロット・メクレンバーグ警察の幹部によると、ハウエルさんは走って男に近づき、タックルで転倒させた。これが容疑者逮捕の助けになったという。

「彼はスポーツで体を鍛えており、犯人に立ち向かった」と警察幹部は指摘し、「不幸にして命を落としたが、その過程で多くの人命を救った」とたたえた。

銃撃現場での選択肢は「走って逃げるか、隠れて身を守るか、犯人に向かっていくかのどれかだ」といい、「逃げる場所も隠れる場所もなく、彼は最後の選択肢を選んだ」としている。

おばはハウエルさんの行動を知っても驚きはなかったと説明。「彼はあらゆる人のことを守っていた。ライリーと一緒にいると安心だった」と話した。

ハウエルさんはノースカロライナ州ウェインズビルにある家族の農場で年少のきょうだい3人の世話をして育った。緊急対応要員の訓練に参加したこともあり、将来は軍か消防に入る道を夢見ていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]