米小学生十数人、マリフアナ入りグミ食べ病院搬送 母親を逮捕

米国の小学校でマリフアナ入りグミを食べた児童十数人が病院に搬送された/David Mcnew/Getty Images

米国の小学校でマリフアナ入りグミを食べた児童十数人が病院に搬送された/David Mcnew/Getty Images

(CNN) 米オハイオ州クリーブランドの小学校に通う児童少なくとも十数人が、マリフアナの入ったグミを食べて病院に搬送されていたことが6日までに分かった。警察は、児童の1人にグミを持たせた母親を逮捕した。

事件があったのは4日。地元警察によると、小学校の教室でグミを見つけた教員助手が、パッケージの記述からドラッグ入りのグミであることに気づいたという。その後、小学校が警察と救急医療サービスに通報した。

警察は、児童の1人にグミを持たせたとされる母親を、子どもを危険にさらした疑いで逮捕した。

警察発表によれば、この児童は他の児童少なくとも12人にグミを配った。児童らが搬送された病院は、5歳から9歳までの児童15人に薬物検査を実施して帰したと説明。このうち2~3人の児童が腹痛を訴えていたという。

警察は、児童の1人からマリフアナに含まれる向精神薬のTHCについて陽性反応が出たことを明らかにした。

小児医学や毒物学の専門家は、マリフアナや他の薬物の入った食品を子どもが誤って口にしてしまうことの危険性に言及。「摂取した結果、目まいや過度の眠気といった強い症状が出る可能性がある。まれに呼吸困難に陥るケースもみられる」と警鐘を鳴らした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]