「決して忘れない」、米最高裁判事候補カバノー氏の暴行告発した女性が証言

「決して忘れない」性的暴行の告発証言

(CNN) 米国のトランプ大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏に対する性的暴行の告発を巡り、上院司法委員会の公聴会で27日、被害を訴えた女性が証言に立ち、自分を暴行した相手は間違いなくカバノー氏だったと断言した。

証言に立ったのは、過去にカバノー氏から性的暴行を受けたとして実名で名乗り出ている大学教授のクリスティーン・ブレイジー・フォード氏。共和党の男性議員から質問攻めに遭う事態を避けるため、異例の取り決めに基づいて、性犯罪を専門とする女性検事が共和党議員に代わって質問を行った。

証言によると、当時15歳だったフォード氏は、ハイスクールのパーティーの最中にカバノー氏と友人のマーク・ジャッジ氏によって無理やりベッドルームに連れ込まれ、カバノー氏がフォード氏をベッドに押し倒して衣服をはぎ取ろうとした。悲鳴を上げようとすると、カバノー氏に手で口をふさがれ、呼吸ができずに殺されるかもしれないと思ったとフォード氏は振り返った。

カバノー氏は事件のことを全面的に否定している。これに対してフォード氏は、暴行した相手が間違いなくカバノー氏だったかと質問されると、「100%」と言い切り、「2人の大きな笑い声と、私を犠牲にして楽しむ様子は、脳裏に焼き付いている」と声を震わせた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]