テキサス副知事、高校銃乱射の原因列挙 「銃の問題ではない」

2018.05.21 Mon posted at 14:07 JST

[PR]

(CNN) 米テキサス州サンタフェの高校で起きた銃乱射事件について、同州のパトリック副知事は20日、暴力的なテレビゲームや命を軽視する教育などの影響が原因だと述べ、銃の問題ではないとの考えを示した。

同州のアボット知事は事件を受け、生徒たちを銃暴力から守るための意見交換会を開く予定。パトリック氏はこれに賛同し、「あらゆる対策を検討するべきだ」と語った。

パトリック氏は事件の原因として、まずテレビゲームの影響を挙げ、「十代の若者の97%がテレビゲームを視聴し、暴力的なゲームは全体の85%を占める」との統計に言及。ゲームの殺人シーンを見ることで若者たちの攻撃性が強まり、暴力への感覚がまひしてしまうと指摘した。

同氏はまた、今の米国では命が軽視され、学校から宗教教育が排除されていると批判。人工妊娠中絶や父親不在の家庭環境も問題だと述べた。

銃については「私たち所有者には、銃を自宅で安全に保管する責任がある。銃の管理は自宅から始まる」と強調した。

乱射事件を防ぐ具体的な方策として、学校の入り口を1~2カ所に限定することも改めて主張した。

教師に銃を携行させることも重要だと話し、「銃を持った人物を制止するには、もう1人に銃を持たせるのが一番。もっと良いのは、銃を持っている人が4人がかりで止めることだ」と主張。「銃が問題なのではない」と力説した。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]