沸騰するワイン流れる、火災被害の醸造所 米加州

醸造所から流れ出た赤ワインが沸騰している様子を写真家ジョシュ・イーデルソン氏が撮影

醸造所から流れ出た赤ワインが沸騰している様子を写真家ジョシュ・イーデルソン氏が撮影

(CNN) 大規模な原野火災が続く米カリフォルニア州北部でワイン産地として知られるサンタローザのワイン醸造所が被害を受け、漏れ出した赤ワインが地面下の熱で煮えたぎりながら丘陵部を流れる異様な光景が出現した。

この光景を撮影した写真家ジョシュ・イーデルソン氏は米メディア「SFGate」に、ワインは火災に襲われ深刻な被害が出た「パラダイス・リッジ醸造所」で溶け出した大きなプラスチック製の収容容器から漏れたとしている。

10数カ所で発生している原野火災では、複数の醸造所が被災し、ぶどう本体、収穫分、貯蔵分や施設そのものが焼失している。

パラダイス・リッジ醸造所の経営者はCNNの取材に、敷地内は完全に破壊され、既に摘み取ったぶどうの全てを失ったと嘆いた。ただ、落胆せず小さな試飲施設を建設し、将来の事業再建をにらむ取り組みも始めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]