「ナンビア」ってどこの国? トランプ米大統領が演説で称賛

2017.09.22 Fri posted at 11:32 JST

[PR]

(CNN) 米国のトランプ大統領が国連演説の中で、アフリカの国「ナンビア」の医療制度を称賛した。ただ1つ問題だったのは、そのような名の国が存在しないことだった。

トランプ大統領は20日、アフリカ諸国の首脳らを前に、「ギニアとナイジェリアは恐ろしいエボラの流行と闘った」と演説。「ナンビアの医療制度は自立性を強めている」と発言した。

この演説の中でトランプ大統領は、ナンビアという単語を2回口にした。聴衆の中にはガーナやナミビア、ウガンダなどの代表がいた。

ソーシャルメディアもこの話題で盛り上がり、ナンビアはナミビアのことらしい、いやザンビアかガンビアかもしれない、と勘繰る声が飛び交った。

アフリカ南部のナミビアは当時、エボラ熱の流行を阻止するため、医療制度を刷新していた。同国の人口は250万人。世界有数のウラン産出国で、アンゴラ、ザンビア、南アフリカ、ボツワナと国境を接している。

ナンビアはさておいて、トランプ大統領は演説の中でアフリカ大陸の経済成長をたたえ、「アフリカは多大なビジネスの可能性を秘めている」「私の友人も多数があなた方の国を訪れて金持ちになろうとしている。おめでとう。彼らはたくさんお金を使っている」と語った。

メールマガジン

[PR]