米国人旅行者、ギリシャの島で集団に襲われ死亡 2人拘束

(CNN) ギリシャ西岸沖にあるイオニア諸島のザキントス島で米国から訪れていた男性が男たちの集団に殴り殺されたことが9日までに分かった。

ギリシャ国営メディアによると、殺害されたのはバカリ・ヘンダーソンさん(22)。7日に友人らと訪れたバーで話しかけてきた男とけんかになった。

警備員から店を出るように言われた後、路上で取っ組み合いが始まり、ヘンダーソンさんは10人の集団に殴られて死亡したという。

警察はこれまでにセルビア人(32)とギリシャ人(34)を拘束。殺害に関与したとみられるほかのメンバーの行方を追っている。

米国務省によると、現地の警察から翌日未明、米国大使館に連絡があったという。

ザキントス島は断崖や洞窟の絶景で知られる観光地。遺族によると、ヘンダーソンさんは米アリゾナ大学で起業実務などを学んで最近卒業し、新たなファッションブランドの立ち上げに向けた写真撮影のためにギリシャを訪れていた。

アリゾナ大学の学長はヘンダーソンさんの死を悼む声明を出し、遺族への弔意を表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]