CNN、大統領報道官会見に似顔絵画家を派遣 撮影禁止で

法廷の様子などを長年描いてきたビル・ヘネシー氏が記者会見場を描写

法廷の様子などを長年描いてきたビル・ヘネシー氏が記者会見場を描写

ニューヨーク(CNNMoney) 米ホワイトハウスが定例記者会見などでカメラ撮影禁止を多用していることを受け、CNNは23日午後の会見に、似顔絵画家を出席させ、スパイサー大統領報道官の姿などを描かせる異例の措置を講じた。

一部の保守メディアはこの試みを愚かと批判しているが、CNNはカメラ利用が禁じられている最高裁判所などの裁判審理でも似顔絵画家の作品が利用されており、報道手段としての正当性はあると主張している。

CNNが同日、派遣した画家はワシントンを拠点に法廷を舞台に長年活躍するビル・ヘネシー氏。記者会見室の全景を把握するため後方に陣取り、スパイサー報道官を描写した。この日の作品はCNNの独占利用ではなく、他のメディアも使用する可能性がある。

歴代の大統領報道官は過去25年間、党派を問わず定例会見などにはカメラ持ち込みを通常許してきた。しかし、トランプ政権になってからはこの慣例が後退し、その頻度やカメラ許可の時間が短縮される傾向が顕著になってきた。

スパイサー報道官やハッカビー副報道官が今月、カメラ撮影を許可した会見はわずか4度。質疑応答の場面ではカメラ禁止となっていた。また、生の音声中継も禁止しており、CNNは22,23両日、会見終了後に全てのやりとりを音声で流す手法も採用した。

スパイサー報道官は23日、会見でのカメラ規制に関する質問を受け、「政策に関する実りある議論を持つことについてテレビカメラの有無は問題の全てを意味するわけではない」と答えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]