米大統領専用機、発火の危険あった 機体の保守作業に不備

大統領専用機に搭乗するトランプ米大統領

大統領専用機に搭乗するトランプ米大統領

酸素装置が汚染されるに至った主な原因は3つあったとされているが、そのうち1つは、保守作業にあたっていた整備士が「汚染防止に関する明確な兆候を見逃していた」ことだという。

また報告書では、保守作業についてボーイングが適切に監督できていなかった点や、酸素装置に関する研修の際に、整備士が教えられた内容を習得できていなかった点が指摘された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]