米国の外国出身の過激派、大半が入国後に思想に同化

入国後に過激化した者が大半

ワシントン(CNN) 米国土安全保障省は9日までに、米国内に存在する外国生まれの過激主義者の大半は過激思想を抱きながら入国してはおらず、米国内で数年生活した後、極端な信条などに染まる結果になっているとの情報分析結果を明らかにした。

トランプ政権が打ち出した一部のイスラム圏諸国の国民を対象にした移住規制や難民受け入れ制限の正当性を疑問視する調査結果となっている。トランプ大統領は先月28日の連邦議会での演説で、米司法省のデータを引用しながら、2001年9月の米同時多発事件以降に国内で起きたテロ関連事件で有罪となった個人の大多数は海外から米国に入国していたと主張していた。

米国内での凶悪犯罪や未遂事件と一部の外国からの移民などとの間に明白な因果関係はないとする研究報告書は、シンクタンク「ニューアメリカ財団」などから既に出ている。

国土安全保障省の報道担当者はCNNに、今回の情報分析結果を確認。計88件の事件を対象にした分析作業は昨年8月から始まったもので、機密扱いされておらず一般公開となっている文献などに基づいている。米司法省所持の閲覧可能な文書なども含む。

捜査が進んでいる事件データ、最近の諜報(ちょうほう)や機密扱いデータなどは取り除かれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]