ブッシュ元米大統領、集中治療室に 妻バーバラさんも入院

ブッシュ元大統領夫妻が入院

(CNN) 体調を崩して米テキサス州の病院に入院したジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)が18日、容体が悪化して集中治療室に移り、妻のバーバラさんも同じ病院に入院した。広報担当者が明らかにした。

発表によると、ブッシュ元大統領は肺炎に起因する急性の呼吸問題のため、同州ヒューストンの病院で集中治療室に入院。医師団が鎮静措置を施して気道確保の処置を行っている。

妻のバーバラさんも18日午前、疲労や咳の症状があったことから安全を期すため同じ病院に入院したという。

ブッシュ元大統領は先の週末にかけて呼吸が浅くなり、咳の症状もあったことから入院して抗生剤の治療を受けていた。いったんは症状が改善したが、18日になって容体が悪化。集中治療室に移されて鎮静剤を投与され、挿管が行われたという。

この病状についてCNNで医療ニュースを担当するサンジェイ・グプタ医師は「非常に憂慮される」状態だと述べ、ブッシュ元大統領が気道確保のために挿管されたのは初めてだと指摘。「沈静措置が施されたのは、自力呼吸に問題があることを示している」と話している。

20日にはドナルド・トランプ次期大統領の就任式が行われるが、ブッシュ元大統領はトランプ氏に宛てた1月10日の手紙で就任式に出席できないことを詫び、トランプ氏に祝辞を述べていた。

トランプ氏は18日のツイッターに、ブッシュ夫妻の回復を祈ると書き込み、ブッシュ元大統領の手紙に謝意を伝えた。

オバマ大統領は同日の記者会見で、ブッシュ家と連絡を取っていると説明。ビル・クリントン元大統領もツイッターに、ブッシュ夫妻の回復を祈ると投稿した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]