米空軍、F15機を全面改修 F22の調達誤算で

製造中止を受けF15との全面交代が遅れている最新鋭戦闘機F22=米空軍

製造中止を受けF15との全面交代が遅れている最新鋭戦闘機F22=米空軍

性能改造の対象は計435機のF15。新型レーダー装置、作戦遂行に必要なコンピューター技術の改良、最先端の通信手段や赤外線追尾装置、電子戦用の防御機器などを新たに装着する。空軍当局者はCNNの取材に、これらの機能改善によりF15は最新鋭軍用機との共同作戦にも活用出来るとしている。

ボーイング社の報道担当者によると、性能が一新されたF15にはミサイル16発の搭載が可能。これまでの標準仕様は8発だった。

米空軍の報道担当者であるロバート・リース少佐は戦時の際の制空権確保を維持するために空軍は新たな兵器システムの開発を続けるだけでなく、F15のような過去の実績が優れた兵器の能力改善を進める必要性を強調した。

米空軍は過去にもF15に新技術を取り込む性能改造に取り組んできた。これらの作業は2002年にさかのぼるが、あくまで段階的に実施されてきた。最新型の通信機器や赤外線指示システムの導入は今年始まったばかりとなっている。ボーイング社の報道担当者は、性能更新の作業には評価、開発や試験の実施が必要との事情に言及している。

空軍当局者は、F15にはF22のような敵レーダー網を回避するステルス機能が欠けているが、計画中の性能改善が実施されれば敵航空機の探知、攻撃目標の設定や交戦などで戦術的な優位性を保持することになると強調。F22との共同作戦遂行に必要な通信能力も向上し、将来的に開発される新技術のさらなる導入も可能との見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]