サンダース議員、クリントン氏の副大統領候補の受諾排除せず

バーニー・サンダース氏

バーニー・サンダース氏

ワシントン(CNN) 米大統領選の民主党指名候補をクリントン前国務長官と争うサンダース上院議員は6日、クリントン氏が副大統領候補への就任を申し出た場合、これを引き受ける選択肢を排除しない考えを明らかにした。

CNN記者との会見で述べた。ただ、指名候補争いに決着を付ける米フィラデルフィアでの今夏の民主党全国大会までは戦いを継続すると明言。同大会後、自らの動向を決めるため副大統領候補として加わる問題を含めクリントン氏と必ず話し合う可能性に言及した。

同議員は会見で、今後5週間の指名候補争いに注力すると言明。仮に指名を獲得出来なくても全国大会の舞台で、米国民が支持するだろう進歩的な公約を自陣営が有していることを確信させるため激しく戦うと主張した。

サンダース氏が残る選挙戦で指名候補獲得に必要な代議員数の確保はほぼ不可能となっている。ただ、クリントン氏が仮に指名獲得に届く計2383人の代議員を得られなかった場合、全国大会での決戦が浮上してくる可能性もある。

代議員獲得の競争でのクリントン氏のリードは、予備選や党員集会の結果で選ばれる一般代議員の数とは別に、党全国大会で投票権が与えられる民主党連邦議会議員ら特別代議員500人以上の支持表明が要因ともなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]