102階建てビル計画、航空当局が「危険」指摘 米シアトル

シアトル中心部での超高層ビルの建設計画に当局が待ったをかけた

シアトル中心部での超高層ビルの建設計画に当局が待ったをかけた

(CNN) 米ワシントン州シアトルの中心街で102階建ての高層ビルを建てる計画に、連邦航空局(FAA)からストップがかかった。航空機の交通に影響が及ぶ恐れがあるという。

「4/C」と呼ばれるこのビルは中心街の空き地に建設され、オフィスやアパート、ホテル、小売店などが入る予定。高さ339メートルと、同市内で一番高い「コロンビア・センター」を超える高層ビルとなる計画だった。

しかし予定地が同市周辺の空港や航空機大手ボーイング本社に近いことから、FAAが4日、計画を申請したフロリダ州マイアミのクレセント・ハイツ社への通知で、「推定される危険」を指摘した。

CNNが閲覧した同通知によると、FAAは航空機の通る空域や管制施設に物理的、電磁波的な悪影響が及ぶ恐れがあると懸念を示している。ビル自体に加え、建設工事に使われるクレーンが、近くにある医療センターのヘリコプターの妨げとなることも考えられるという。

FAAは、ビルの高さをコロンビア・センターより低い152メートルにとどめれば障害物としての基準を下回り、建設を認めることも可能としている。FAAと業者側の話し合いは現在も進行中とされ、今後の行方が注目される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]