新たなISIS動画、NYへの攻撃を警告

2015.11.19 Thu posted at 16:27 JST

[PR]

(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は18日、米ニューヨークへの差し迫った攻撃を示唆する動画をネット上に公開した。ニューヨーク市警(NYPD)は動画の存在を確認した上でテロ対策向けに増強した人員を配備。万全の警戒態勢を整えるとしている。

動画では爆発物や自爆ベストを装着した人物などの画像に続き、ニューヨーク中心部のタイムズスクエアの画像が流れる。13日に発生したパリを狙った同時テロでは、少なくとも129人が死亡し、352人が負傷した。

NYPDは声明で「新しい映像ばかりではないとはいえ、今回の動画の公開はニューヨークが依然としてテロリストたちの標的の最上位に位置づけられていることを示す。現時点で具体的なテロの脅威は存在しないが、我々は高い警戒レベルを維持し、連邦捜査局(FBI)などと連携して引き続きニューヨークの安全を守っていく」と述べた。

ニューヨークのデブラシオ市長は動画の公開を受け、テロを未然に防ぐため警察当局があらゆる対策を講じていると説明。その上で「テロ組織の目的は恐怖をあおることだ。しかしニューヨークがおじけづくことはない」と強調した。

CNNでテロ問題を担当する専門家は「当局者らは、動画による警告を深刻に受け止めなくてはならないだろう。現在ISISが最も望んでいることの一つが、米国内でのテロ攻撃だ」と指摘した。

ISISは今週、首都ワシントンへの攻撃を宣言する動画も公開している。

メールマガジン

[PR]