サメに襲われサーファー重傷、被害は今年5件目 米ハワイ

ハワイでサーファーがサメに襲われて負傷した

ハワイでサーファーがサメに襲われて負傷した

(CNN) サーフィンの名所として知られる米ハワイ州オアフ島北部のノースショアで11日までに、サーフボードに乗って波を待っていた男性サーファー(25)がサメ1匹に襲われ、脚をかまれる被害を受けた。

地元の病院に搬送されたが、重傷。CNN系列局KHONによると、男性の家族は脚の大半を切断する処置が必要と述べた。

目撃者によると、サメの体長は最大3.7メートルだが、種類はわかっていない。

サメの襲撃は人気のサーフィンスポット「レフトオーバーズ・ビーチ」で9日に発生。男性はサメの体を数度たたき、脚を引き離すことに成功したとみられる。

男性はその後、別のサーファーのボードに自力で泳ぎ着いて、共にパドリングしながら海岸へ戻っていた。ホノルルの救急サービス当局者によると、近くでカヤックに乗っていた人も救助を手伝っていた。

海岸にたどり着いた後、サーフボードのひもを使って止血の処置も施していた。

騒ぎを受け現場では遊泳客らに海から離れるよう警告が出た。海岸に沿って「サメ出没」の掲示板も立てられ、注意を促した。

ハワイでのサメによる攻撃の報告は今年5件目となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]