米国防長官、半島情勢悪化への対応言明 「北に勝算なし」

韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線付近の非武装地帯(DMZ)を警備する北朝鮮軍兵士

韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線付近の非武装地帯(DMZ)を警備する北朝鮮軍兵士

ワシントン(CNN) アシュトン・カーター米国防長官は1日、もし北朝鮮が韓国を攻撃すれば米国は対応する考えであることを明らかにした。その上で、戦闘に突入した場合、北朝鮮に勝算はないと強調した。

カーター長官はネット中継を通じて各国に駐留する部隊からの質問に答え、「北朝鮮に対しては、いかなる挑発も対処されること、彼らが我が国や同盟国の韓国に勝利できる可能性はないということを常に認識させる必要がある」と言明。朝鮮半島情勢について「おそらく一触即発で戦争が勃発し得る世界で唯一の場所だ」との認識を示した。

米国防総省は先週、北朝鮮が戦争を仕掛ける構えを見せた場合に備え、韓国防衛のための軍事力行使計画の見直しを行っていた。

北朝鮮は韓国との緊張が高まったことを受け、一時兵力を配備するなど軍備増強の動きを見せていた。しかし先月25日に南北間で合意が成立。韓国が北朝鮮向けに行っていた宣伝放送を中止するなど、双方の対立は緩和されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]