北米最高峰マッキンリー、「デナリ」に改称 先住民に敬意

米最高峰マッキンリーが「デナリ」と改称された

米最高峰マッキンリーが「デナリ」と改称された

アラスカ州アンカレジ(CNN) 米ホワイトハウスは31日までに、オバマ大統領のアラスカ州訪問に合わせ、米最高峰のマッキンリー山(6194メートル)を地元の先住民に敬意を表して「デナリ」に改称すると発表した。

オバマ大統領はアラスカ州を気候変動の中心地と位置付ける。滞在中は融解しつつある氷河のトレッキングなどを盛り込み、自身の目を通して地球温暖化に警鐘を鳴らしたい考え。現職の米大統領が北極圏を訪問するのは初めて。

マッキンリー山の改称は、アラスカ先住民の長年の要望だった。ウィリアム・マッキンリー元大統領にちなんで1896年にマッキンリー山と命名されたが、地元では以前から先住民アサバスカン族の言葉でデナリと呼ばれていた。

1980年に周辺の国立公園はデナリと改称されたものの、マッキンリー山の名は元大統領の地元だったオハイオ州の議員の反対が根強く、改称は実現していなかった。

ホワイトハウスによると、アラスカの先住民は気候変動の影響で、冬季の狩猟の中断や、魚類や野生生物の生息環境悪化、居住地への海水の浸食といった問題に見舞われている。オバマ大統領は31日に先住民の代表と会談し、こうした問題に対応するための政府の支援策について話し合う。

大統領はアンカレジで開かれる北極圏国の外相会議でも演説予定。同地域でロシアが軍事プレゼンスを強める中、北極圏情勢はオバマ政権の重要な外交課題として浮上している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]