「息子の遺灰をまいて」 母の願いに世界中から協力者

各地で遺灰がまかれている=フェイスブックから

各地で遺灰がまかれている=フェイスブックから

シージェイさんは当時、空軍から名誉除隊の資格を得て帰宅したばかりだった。特殊部隊に入れなかったことで落胆してはいたが、ひどく落ち込んだ様子ではなかったという。

ホーリーさんと口論になって家を飛び出し、直後に車の中で頭を撃った。「最後にひどいことを言ってしまった」と、ホーリーさんは悔やみ続ける。

遺灰を入れた小さな袋を、これまでに150個以上送り出した。さらに300人もの人が協力を申し出ている。

「一番怖いのは、シージェイが忘れ去られてしまうことだった。だれかがコメントを書き込んだり遺灰をまいたりするたび、その人たちはシージェイに思いを寄せてくれる。それが大きな力になる」と、ホーリーさんは話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]