NY市長選、デブラシオ氏勝利 知っておきたい5つのこと

ビル・デブラシオ氏

ビル・デブラシオ氏

ニューヨーク(CNN) 5日投開票のニューヨーク市長選で、民主党の新人、ビル・デブラシオ氏が共和党のジョセフ・ロータ氏を大差で破って当選した。デブラシオ氏はどのような人物なのか。

リベラルな政治風土で知られるニューヨークだが、民主党市長の登場は20年ぶり。ジュリアーニ前市長が2期、ブルームバーグ現市長が3期務めた後の市政を担うことになる。

世論調査の支持率でロータ氏に約40ポイントの差をつけ、そのままの勢いで快勝したデブラシオ氏について、知っておきたいことを5つ挙げる。

1.党内支持率10%からの出発

民主党予備選の選挙戦がスタートした時点で、デブラシオ氏の支持率は党内でもわずか10%だった。ウィーナー元下院議員がスキャンダルで失速した後、ブルームバーグ氏が推すクイン市議会議長と接戦を展開。最終的には決選投票を必要としない票差をつけ勝利した。

2.無名の過去

現職は市政監督官、その前はクリントン上院議員の1期目の選挙参謀を務めた。政界での知名度はごく最近まで低く、注目を浴びたことがなかった。スタッフの少なさや経験の浅さへの懸念から、予算700億ドル(約7兆円)規模の大都市ニューヨークを率いる資質があるのかと疑問視する声もある。本人は「そういう批判は25年前から何度も聞いてきた」とかわしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]