洞窟で1カ月「自主隔離」、外国人旅行者6人を発見 インド

インドの洞窟で1カ月近く自主隔離生活を送っていた外国人旅行者のグループが見つかった/Sergi Reboredo/picture-alliance/dpa/AP

インドの洞窟で1カ月近く自主隔離生活を送っていた外国人旅行者のグループが見つかった/Sergi Reboredo/picture-alliance/dpa/AP

(CNN) インド北部ウッタラカンド州のリシケシュで、新型コロナウイルス感染対策の封鎖措置が始まった先月から1カ月近く、洞窟に入って自主隔離生活を送っていた外国人旅行者6人が見つかった。

州警察の報道官がCNNに語ったところによると、洞窟で暮らしていたのはフランス、トルコ、ウクライナ、米国、ネパールから訪れた男性4人と女性2人のグループ。警察が19日に発見してリシケシュ近郊の僧院へ移し、慎重を期してさらに2週間の自主隔離を求めた。健康状態は良好な様子だという。

グループは先月24日から洞窟に入り、手持ちの現金を出し合って食料などを買っていたとされる。

同州では先月20日から、国内外からの旅行者の立ち入りが禁止されていた。

モディ首相は同24日に全土を対象とした封鎖措置を発表した。今月14日までの予定がさらに来月3日まで延長され、市民生活に不可欠なサービス以外はストップした状態が続いている。

当局は国内で立ち往生している外国人を対象とした支援サイトを開設している。

リシケシュはヨガの聖地と呼ばれ、ビートルズが1968年に滞在して修行したことでも知られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]