ライオンの赤ちゃんや猫、ワニのミイラが大量に出土 エジプト

ライオンのミイラなど大量発掘 エジプト

(CNN) エジプトの首都カイロ郊外で行われていた神官の墓の発掘作業で、猫やワニ、ライオンの赤ちゃんのミイラや像などが大量に出土した。

エジプト考古相の23日の発表によると、出土品は紀元前7世紀のもので、それだけで博物館ができるほどの量がある。

このうち象形文字が描かれた木棺25個には、猫類のミイラと猫の木像およびブロンズ像75体が入っていた。

猫の像/KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images
猫の像/KHALED DESOUKI/AFP via Getty Images

大型猫のミイラは5体あり、このうち2体をCTスキャンで調べた結果、ライオンの赤ちゃんだったことが分かった。

古代エジプトでペットとして飼われたり崇拝されたりしていた猫のミイラはそれほど珍しくない。しかしライオンのミイラは非常に珍しいという。

ほかにも3体のワニ像の中からワニのミイラが見つかったほか、オシリス神を描いたブロンズ像73体と、コブラやコガネムシ科の昆虫などのミイラも出土した。

出土したのはカイロ南部のギザのピラミッド近くにあるサッカラ遺跡。同地にはエジプト第5王朝に仕えた神官の4000年前の墓がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]